比喩の当てはめと、はずれと、うまく合うように工夫する、時の記録

▼▼漠然と取り扱っていた概念の位置関係などが急に気になって、試行錯誤しながら整理し始めて、概念整理は状況が具体的に想像できるようになるとじぶんの中の納得感が異様に強まるので、適切で具体的な比喩はないものかなー、なんて考え始めるのだけど、発想して実際に当てはめてみては、違うなーズレがあるなー、と破棄する、って場面は多い。
▼▼ほんとうに滅茶苦茶多い。試行錯誤している時間の五割はこの「比喩不適合からの破棄」で占められている、とさえ言えてしまうと思う。
▼▼不出来な判断を日記に書くのが苦手だ、って考えていることも多いのだけど、この判断もつまりは「不適切な比喩を考え続けてる場面はあんまり見せなくてもよいよなー」と思っているだけのような気がしてきた。
▼▼はっと思いついた比喩を当てはめてみて「若干違うのだよなー」って唸りながら調整したり工夫したりしてる時のことを克明に記録したほうが思考記録としてはよい、というか活用しやすいものになるんじゃないかなー、って思ったりした。
▼▼思考プロセスを記録する、って漠然と言うよりもいくらか具体的で、実践しやすめ。