前向きな言葉の説得力の違いと説得力あればよいのか

▼▼前向きな言葉を語る場面、において、論理構成と台詞回しによって説得力が上下する範囲は非常に広くあって、
▼▼(続く)
▼▼論理構成と台詞回しは違うのかなー? って少し疑問に思ってるけど、解体し始めたら時間がかかるに違いない、と想像して躊躇ってる。あるいは怠けてる。
▼▼論理構成は「根拠から結論に至る道筋の整いっぷり」あたりに目線を置いてて、台詞回しは「比喩や具体例の織り交ぜ具合や気遣いなどによる装飾的な耳障り」なんてあたりの目線なのだけど、装飾により雰囲気を変える、っていう技術も、結局は、論理構成を細かく調整してる、ってことになるんじゃないかなー、って疑念はあるのだった。
▼▼(続き)
▼▼現実の複雑さや細やかさに合わせて調整することが容易な、可変的で柔軟性のある前向き言葉、を称賛したがる習慣もできてるのだけど、これって微妙か?と思った。導入がお手軽だから褒めてる、使いやすいから褒めてる、ってだけになってたら嫌かもだ。