辿り着いた判断に向かって質疑応答数時間

▼▼物事や現象の持つ複雑で繊細な違いに気がついて、境界線や効果を調べるために、諸々の観念や概念をぶつけて反応を見つつ解体してみる──数々の定型判断をぶつけて比較しながら違いを顕わにしていく、なんていう行為を、最近は、あんまりしていない。してないなーサボってるなー、と思った。まあ実際的な問題として、得られた閃きを、投げつけ投げかけ、沢山の質疑応答によって相手の正体を探索していくような思考行為は、非常に時間がかかる。時間がかかりすぎるので、時間が足りてない、というのはあるなあ。日記は時間がかかる、と思っているのは、ここのせいだろう。