回線上で振る舞いつついつも目をしぱしぱする

▼▼回線上で行なう活動や挙動に対して、わざわざ意味を問うてしまう癖がまだまだぜんぜんあるなー、と思った。特別扱いし過ぎている。妙な特別視が残っている、とも言えるかな。あえて、がすぐに接頭したがる。打破も突破も制覇もできていないようだ。
▼▼なぜ天然自然の心持ちで振る舞えていないんだろう。あと、なぜ意識せず振る舞いたがっているのだろう、を疑問に思った。
▼▼至極素直に考えてみて、落ち着かないからだろうな、という回答は思えた。不慣れで違和感を覚える足場があって、慣れなくて落ち着かなくて、挙動不審かつ不安定、な姿を晒している、なんて状況を逐一思い描いてしまっているのではないかと思った。挙動不審かつ不安定な姿を見せていること、の問題点は、無様を見せていることの見栄っ張り的な不満と、挙動不審かつ不安定だと「感じてしまっている」足場の上だと行動における諸々の質が下がりそう、という不安の、二つを想像できた。
▼▼けどまあ、違和感から来る慎重さや丁寧さがよい調味料となってむしろ「新鮮さ」を加味できること、も、時にはあるとは思う。経験上時々あるようにも思えるので、なんかぜんぜん慣れないぜー、って認識を不満側に寄せ過ぎることについても、軽い否定心情や納得できなさはある。結局はまあ巧く活かせればよいとは考えている。