不満の描きかた

▼▼尊敬できる人が多くて、並び立ちたいと望めていて、日々を楽しんでいた、って時期があったことは、幸せだったのだなー、と最近考える。最近は逆の印象が強めだ。▼▼不満話である。慎重に言葉を選びながら書いた。不満の言語化は描きかたによって雰囲気と影響がおおきく変わりそうに思えるからだ。適切な出口に向かわせる「言葉と文章の選びかた」があるように思える。視線を誘導できる気がする。
▼▼不満文句愚痴を書くのは難しいなー。別に書かなくていいでしょう? っていう否定的な視線を押し止めるのが困難だ。押し止める動機を見出すのが困難だと思った。