週間Kindleセール買い忘れ

▼▼週間限定割引。好きなものが多かったのに買い忘れた。定価でもよいかな。せめて記録はしておこう。また同じものが現れる日もあるかもだ。

『幼年期の終わり』アーサー・C・クラーク

『統計学が最強の学問である』西内啓

▼▼以上は定価でも買うだろう的二冊。
▼▼以下は雑談的に書いとく。▼▼ダニエル・カールマン『ファスト&スロー上』は購入済。満足してる。▼▼K.Kajunsky『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています』は、前に軽く読んでみたら想像のかなり上を行かれたので少し欲しかったな。▼▼鈴木みそ『僕と日本が震えた日』は発売直後に読んだ。話題になってるけどおもしろかった。というか鈴木みそ漫画はおもしろいので、話題になって嬉しい。限界集落も銭もよかった。