一回まとめるとちょっと飽きる

▼▼出来が中途半端であっても、まとめる姿勢を一旦見せながら行動してしまうと、変に妙に無駄に満足してしまって、まるで終わらせたような雰囲気を纏い始めてしまう、ってことがわりとある。知らぬ間に、勝手に、終止符が押されてしまって、なんとなく、再挑戦に踏み出せなくなる。満足感が湧いてしまって視線が再勝負に向かなくなる。
▼▼ランキングなどの「まとめ要素」が混じる文章を避けがちである。っていうのは、このあたりのせいなのだよなーと思った。粗のある雑な「まとめ」で終止符を呼び寄せたくない。完璧主義とは違う気もするけど、完璧じゃないまとめは怖いよー、って思ってる。
▼▼まとめ的文章に書き忘れがあって抜けがあるのは嫌なのだ。結局はなぜか頭の隅で満足してしまって──飽きて、抜けを残したまま放置しちゃうことが多かったからだ。けどまあ、ぜんぶ思いつける日を待つのは遠すぎる、のだよなー。書ける時に書くのも重要なのだろう、と思うようにもなってて、下手に満足しちゃわないよう、一旦、手早く、現状思いつけてる範囲で、まとめつつ、次に繋げる、って技術を欲しがってる。学習なり訓練なりしたい感じだ。突破すべき壁の一つがここかなって思うのだった。