幸せの種類

▼▼最近の問題意識は「幸せの種類」だなー、と気づいた。再解釈による幸せ感の増幅や増量のみを重視していても、うまく解決しなかったりする場面が増えた、せいだ。
▼▼幸せな状況だー、と認識できていても、将来未来に繋がらなかったりする、のだ。誤認や忘却が残って結局は不満っぽい匂いが残ったりする。するので、幸せの獲得と量を問題視するより、如何なる種類の幸せを残るようにするか、を問題視し始めている。
▼▼一時的な幸せと継続する幸せ、というか、幸せだと感じていられる期間の違い──種別の違い、があったりしそうだ、と思い始めているのだった。
▼▼経験の幸せと記憶の幸せ、って話も最近聞いてて脳裡に浮かんだ。再解釈を活かして現象事象、物事、出来事を「幸せ」だと見なせるにせよ、短かったり弱かったり脆かったり危うかったりする「幸せ」では、若干なんだかなーなので、再解釈する時のプロセスの詳細にまで踏み込んで、結果として生成される「幸せ」の「種類」まで見通せるように頑張らないと駄目かもなー、と思う。結局難事っぽいなー。