ぜんぶを幸せと見なす見なせない

▼▼意味は、解釈のしかたによって変わってくるので、うまくやることで、世界や人生における「ぜんぶ」を、幸せとして認識可能だ、という姿勢は、かなり好きだけど、かなり難事だ、とも思うようになっている。まあ不可能ギリギリだ、なんて風に思うようにさえなっている。▼▼不利益感が強く感得できすぎて不幸認識の迫りかたがヤバイ──強制力が強すぎるぜ、っていう現象はやっぱりあるからだ。経験談的──経験則的に、脳裡に浮かぶようにはなってきている、からだ。意味の認識し直しが「ぜんぶ」可能かは、なので微妙だ。勝てない/克てない敵もいる印象である。▼▼以前は「ぜんぶ」を相手に挑みたがっていたので──挑戦しようぜ頑張ろうぜって単純に掲げていたところがあるので、単語選択的には「諦めた」って言葉になるのかもだけど、まあ諦めつつも、活かそう、とは思っている。使い分けようと思っている。できる範囲では再解釈幸せ喜びで頑張ったりもしよう。戦いかたは複数あってよい、と考えている。もっと細かく見て動くぜ、だ。