好きな技術を模倣して獲得しようとして落ち込み

▼▼尊敬していて好きで憧れている日記書きが数名以上いて、真似して日記を書いてみよう、と考えたがることが時々ある。行動を模倣することによって心理を近しくさせてみて好きだと感じるエッセンスを汲み取れないか──学び取れないか、的な狙いを思うのだろう。行動を模倣することで身体感覚的な指向で理解しようとして技術習得を図る、という観点は、年齢を重ねてから知って、かなり好きになった。論理より物理な切り口だ。
▼▼以前から何度か模倣を試してみようと考えていて、実際にやってみるかー、と思って始めてみたら、想定以上に「好きな文章」が書けてしまいそうな雰囲気が漂ってきて、おかげで逆にじぶんの至らなさが目立ってきて、あーあ、って思い始めたので、ちょっと中断して、前述の文章を書いた次第である。なんだかなーだ。
▼▼なんていう現状を文章化してたら、実際のところは「嬉しいこと」だよなーって解釈しうる余地が見えてくて、解釈しつつ笑えるような余裕ができてきて、わりと素直に「嬉しく」思えてきた。欺瞞と錯覚と洗脳の匂いもあるけど、初期解釈こそが正当である、と断ずることが正しいわけでもなかろうし、好きでもないし、まあよしだ。客観性をうまく活用して意味合いの再解釈を許すやりかたは、あってよいと思う。活かせる。