調味料の量を少し工夫することさえ嫌がるような、神経質、の話?

▼▼要するに口調を装飾と捉えてて、飾りつけながら全体の繋がりやバランスを見るのは難しいッス、維持できないっスよー、って怖れてるのだろう。余計な単語もエピソードも接続詞も増えるから、対応も処理もしきれないよなー、と思ってる。▼▼まあ「余計な要素の一つや二つで論理的整合性が崩れる」と思ってるのは誤認だと思う、し、にもかかわらず怖れる癖はついちゃってるので、駄目だ。ほんと駄目駄目だーと思った。マジで危ういぜ、って思ってるのが奥底にあって、ここまでの思考として現出したっぽいなあ。