論理的破綻を見てわかる人になりたかった

▼▼論理の破綻が見通せるにようになりたかったのだよなー。論理破綻に対するツッコミが怖かった、っていうのもあるけど、論争を見てて、お互いに論理の破綻をツッコミ合ってる光景を眺めてて、ぜんぜん理解できないのが怖かった。正しいほうを見通せないのが怖かった。正当性を理解できないんじゃ仲裁もできないし、もしもじぶんが間違っててもじぶんで認識できないし、相手の間違いも指摘できないから正しさを主張することもできない。正しさって何?──論理的整合性が取れていれば正しさを主張できるの? という問いにも派生していくけど、いずれにせよ、前提的に理解が要る、とは強く思えた。
▼▼喧嘩や炎上を含めたネットでの論争を見てて、理解しきれなくてモヤモヤする、と思う場面が多かった。のが、賢さが欲しいよーと思い始めた一端なのは間違いないなあ。