口調を敵視

▼▼なぜか口調を敵視してる、と自覚した。問題視して危険視してる。強い口調があると惑わされて論理的整合性を維持しづらくなっちゃうからなー、すぐ見失ったり見誤ったりしやすくなっちゃうぜ、なんていう予感が育ってる。のだけど、合ってるかなー。茶飲み話的な──ざっくばらんな、長広舌で、話し続ける、という文章を避けたがる傾向はそのせいだ。ほんとうに論理的整合性と口調に関係があるのかは多少怪しい。でもって、論理的整合性を重視し大切にし過ぎなことも微妙だ。まあ、論理周辺の話には憧れてた時期があるし、今だって好物なので、しかたないところはあるんだろうけど、とは思うけど。