網羅しなくてよい

▼▼網羅できているのが好きだ。巧く網羅できてないのはまあ許せる、にしろ、最初から網羅する意志がない、に関しては嫌いに寄せがちだ。おそらくは「最終的に全体最適に繋がっていかない部分最適における判断ミス」が不満なんだろう。怖がってる。視野狭窄を起点とした後悔コンボ、を避けたがっている、のだと思う。▼▼結果、思いつけることを軽く一つだけを挙げてみせる、って行為に苦手意識が、見える。視野狭窄および勘違いの温床に思えるからだろう。短絡浅薄かもなブツ切り単発情報だと問題点における範囲や姿勢を勘違いさせてしまいそうだよなー、ってすぐ考えてしまうのだった。見誤らせてしまうのが嫌だ。読み手に対してってよりはむしろじぶんに対してだ。
▼▼思いつけることだけでまず思考をまとめてみせる、って行為が、素直にできるようにならないと、まずそうかもだ、と思えてきたので改善を求めて書いてみた。網羅したがる心持ちをいかに扱うかと言えるかなー。▼▼勘違いを後で正せばよい、っていう回路を繋げられていないのだよなー。巧くやりくりして設置できればと思う。