深みにある思考のほうが美味しめ?

▼▼最初に獲得できた閃きから、連想型で、前提となっている認識に巻き戻って、出来る限り丁寧に、深みのほうから言葉にしていくほうが、妙に楽しめる、とは思った。
▼▼認識や思考は深いところにあるもののほうが美味しいのかなあ、と考えてみた。
▼▼のだけど、深いところにある思考のほうが、見通しはよくないけれど──辿り着くのは難しいけれど、基礎的で基本的で公理的であって、結果として、必要とする言葉の量が少なくなるので、記述がラクで好き、ってだけなのかも、というのも考えてみた。