つまんないと黙る、黙るだけ

▼▼つまんないものをつまんないでwebではまだ言えないところある。打破すべき障壁かなあ。いまだに判断つかないなと思った。
▼▼辻村深月『ぼくのメジャースプーン』が抜群に好きなので、同著者の『ツナグ』を今日読み終えて、同じくらい好きとは言えないなー、と思ったことが思考の発端である。
▼▼好きな創作家が途中から路線変更して好きじゃなくなっていった時に、最近あんまり好きじゃないんすよ、と言いづらいことが多いかな。
▼▼上遠野浩平と森博嗣が、途中で若干微妙に思える時期があったのに、経由して最近はむしろ初期より好きになってる、という比較的稀有な例かなー。
▼▼両者は「思考と文章を意識して変化させているので書こうと思えば初期の書きかたも可能だ」を体現してくれた印象もある。