《80点》帝国の娘-上(須賀しのぶ)

帝国の娘 上 (角川文庫)

帝国の娘 上 (角川文庫)

▼▼突然、見知らぬ男にさらわれた少女カリエ。なんと、彼女を皇子の影武者に仕立て上げるのだと言う。訳もわからぬまま様々なことを仕込まれていくカリエだが……。陰謀渦巻く王宮ロマン。──ってあたりが編集部概略だ。
▼▼宮廷劇や陰謀劇や大河ロマンという言葉が浮かんでる。最適な選別語を忘れてる気もしている。けど、まあ、いわゆるそういうのだ。なぜ少女小説に多いのだろう、と思ってしまうのは、読みたいからだな。出逢う機会が少なくなることを嘆いてる。▼▼評判が昂じて新装版が刊行されるだけはあるなー、と思った。数々の好評に納得できた。続篇を楽しみにしている。新装版を買うか旧版を買うかは迷ってる。刊行予定も不明だし。
[★★★★]