《76点》僕がアップルで学んだこと(松井博)を読み終えた

僕がアップルで学んだこと 環境を整えれば人が変わる、組織が変わる (アスキー新書)

僕がアップルで学んだこと 環境を整えれば人が変わる、組織が変わる (アスキー新書)

▼▼著者は以前アップルで働いていた人物で、かのジョブズさんが亡くなった際に、追悼的経験談を書いて、話題になった──ようだ。刊行の発端と経緯だそうである。同様の説明が改めて詳しく描かれている。同社の凋落と復興だ。
▼▼厳密に言えば恐怖政治は好きじゃないほうで、だからこそ、恐怖畏怖威圧支配独裁を巧く活用して、回して、物事を好転させた説話には、興味がある。沢山知りたく思う。浅はかな判断や勘違いで嫌っていたら困るからだ。嫌っていたものを活かせるようになるのは素敵なことだと思うからだ。浅はか観念、を潰してくれるものはいつも待ってる。
▼▼復興をすぐ諦めてしまうほうで、復興がほんとうに可能な行為であるなら、説明して欲しい、ってのもあるなー。可能って思える世界認識や前提のほうが欲しくはある。
▼▼恐怖畏怖威圧支配独裁の使いかたを学びたかった、凋落した組織を復興させる術を学びたかった、iPhoneを誕生させうる環境の整えかたを学びたかった、の三つが、読書前に欲しがっていたもの、かな。まとめた。わりと学べたとは思う。