《78点》続・レモンをお金にかえる法(ルイズ・アームストロング/ビル・バッソ)を読み終えた

新装版 続・レモンをお金にかえる法

新装版 続・レモンをお金にかえる法

  • 作者: ルイズ・アームストロング,ビル・バッソ,佐和隆光
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2005/05/21
  • メディア: 単行本
  • 購入: 2人 クリック: 18回
  • この商品を含むブログ (16件) を見る

▼▼続篇。前著とは対比的にマクロ経済学視点に寄っている。▼▼経済学絵本で、理解しやすい経済学書、なのは否定できない──する必要はないように思える、にせよ、絵本として素敵、っていう判断には、若干のズレを感じるのだよなー。初心者入門書と認識するのにも違和がある。けどまあ、学習の最初の一歩としては素直におすすめできる。最初にこの知識を学ぼう、っていうよりは、最初にこの目線を知っておきましょう、っていう印象で、世界観学習書、っていう印象で語りたくなるのだった。経済学世界観書。
[★★★★][最初の学びとしてはもうちょっと★足してもよい(前作同様)][原料の値上がり][製品の価格][賃金と物価のおいかけっこ][インフレーション][小さな企業の倒産][失業の増加][不況][新しいしごと][資金の貸付け][経済を元気づける][景気回復]