好きになりかたを教えてもらえるの、ぼくは幸せだと思ってる

▼▼愛好家の詳細な話を聞いて「好きになりかた」を習えたりする。学ぶは真似ぶという奴だろう。ほんとうに「見習う」雰囲気になるのだよな。視座や解釈で追いつけて同じ目線まで眼差しを持って行けたりする。ので、愛好家の話を聞くのは愉快だし素敵だ。沢山話を聞けると沢山好きになれる。から、沢山聞かせてと願ってはいる。
▼▼ぼくはこれが好きなんですよー、なにしろ○○ですからねー、っていう惚気話を驚くほど数多く聞けたのは、間違いなくネット上の文章群があったからで、だからつまり、今後も同じ姿勢でネット愛好を続けてしまうところはあるかな、と思った。