上野明正堂で買った

▼▼ライトノベルに対する開拓精神は、普段もうあまりないのだけど、特別好きな物語が見つかる空間はココだ、とも思ってて、親和性のある読み手および評判、を、思いのほか当てにしている。読み手はわりと選んでいるつもりだ。って判断できているせいで、信頼しすぎの感もある。観測圏内で二人が褒めてただけでもう「良いものだ」と判定してしまう、程度の盲信性が時折発生する。子ひつじは迷わないシリーズ、は、シリーズ通しての好評が頭に残っていて、読もうと何度も手に取っていた。新人賞受賞の小説で続刊が一巻以上に楽しくなるよ、っていう言葉には弱いな。▼▼戦国物、戦乱物、戦争物、あたりに対し、最近好奇心が動いている。って話した時に、漫画『センゴク』の題名を挙げられた瞬間があって、記憶に少し残っていた。探してみたら長い物語で、おもしろいから続いているのだろう、っていう安直判断を持てたので、試しに読んでみることにした。

【1】子ひつじは迷わない 走るひつじが1ぴき(玩具堂)

【2】センゴク(宮下英樹)漫画