池袋リブロで買った

▼▼最近は「おもしろいであろうことが推測できすぎて、おかげで、もったいなくて読めない──取っておこうとしてしまう」習慣を潰していこうかなと考えている。頻繁に意識してしまっていて、最近はもう仕様と化している、のだった。もったいながっているのがむしろもったいないだろ、という域に達した。目標とする。▼▼で、手始めに「戦う司書シリーズ」を読み通してしまおう、と思った。非常に独特の風味がある小説だ。異質と感じる。世界観や思想が異質、あるいは設定が異質、っていうよりは、ジャンルが異質、という雰囲気がある。おはなしのすすめかた、に違和感があるのである。定跡の外しかたが独特、と言えるかなー。なんにせよ、好きで、明確に、もったいながってる。▼▼将棋解説書も買った。最近練習中だ。戦法をせめて一つは獲得したくて、雰囲気で棒銀戦法に興味があり、けれど時間がないので、漫画でわかる系の解説書を買ってみた。比較的良書であるようだなー、と、購入後にアマゾンレビューを眺めてて思えた。

【1】戦う司書と黒蟻の迷宮(山形石雄)

【2】マンガでおぼえる棒銀戦法(高橋道雄)漫画