職場最寄りの書店で買った

▼▼著者の初期小説『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』が好きすぎて、以後の作品をあまり読み続けられていないところがあったりする。好きすぎて──美しすぎて、とすら言えるかなー。誇張風味になるけど誇張や過言と言い切れない程度だ。初期小説で初めて出逢った著者の言葉を──饒舌を、登場人物や主人公の発言なのだと刻みつけてしまっていて、嘘つきみーくん以外で見かけるたびに、無駄に違和感覚えまくり、なのだった。余計な抵抗を固めちゃってるなあ無駄だなあ、とは思っていて、認識を改めねば駄目だ、とも思っている。時間系の物語が驚くほど好きなので、余計な抵抗を無視できるような潤滑湯にできないものか、と思って買った。つまり、趣味に適合しそうな設定や空気の物語を選んで、違和を思わず見過ごしてしまうほど没頭しながら触れ合ってゆくことで、遠くないうちに「語り手みーくん」ではなく「小説家入間人間」のものとして、饒舌な言葉達を好きになれるだろう、なんていう狙いである。まあでも、最近初めてこの小説家の小説を読んだんだけど滅茶苦茶おもしろかったよ! って言葉も聞いたりして、最終的な引き金はそれかな。著者の作品はいずれぜんぶ読むつもりではある。結局大好きなので。

【1】昨日は彼女も恋してた(入間人間)