お茶の水丸善で買った

▼▼熱狂的ファンを擁している、って状況が好きだ。ほんとうに心底楽しめるものってそういうところで出逢えることが多いよなー、なんて経験則があるからだろう。おかげで宝の山に見える。▼▼熱狂的ファンが多いみたいだ、って思えるだけの言説を、小説家石川博品のまわりに見かけることが多くて、実際読んでみたら、確かにおもしろかった。言葉選びに癖があって非常に好きな癖だった。好きすぎて前シリーズであるネルリは実は一巻しか読めてなく、買ってはあるけど読めてなく、怒られそうなので読もう。なんて思いながら──思いつつも、最新刊カマタリさんを買った。▼▼読書中だった『ヴァルプルギスの後悔 4巻』を読み終えて、読むものがなくなってしまって、しかもヴァルプルギスが驚くほどおもしろくて、ていうか好きで、小説読みてー、ってなったので買った。

【1】クズがみるみるそれなりになる「カマタリさん式」モテ入門(石川博品)