評論文章いつから楽しめるようになったっけ?

▼▼評論系文章を好きだと思えるようにはなった。つまり以前は好きじゃなかった。おそらく空虚な言葉に聞こえていたんだと思う。空回りと舌先三寸に見えていた。けど、最近は空虚な言葉だとは思わなくなった。というか、惰性や無駄や形骸の匂いがする言葉と素敵と頑張りと実践を嗅ぎ取れる言葉を選別できるようになった、のかな。評論系文章の形質や品質を多少は読み取れるようになったのではないか、という状況であるなら、素直に喜べる、のだけど、まあ、実際は微妙かなー。好き嫌いが分かれただけな気がする とも認識できる。▼▼好き嫌いが癖的な形で分かれるくらいがまず初手で、巧く疑って精密緻密繊細しなやかにしてくことが次の段階だろ、って考えかたは好きだ。踏まえとこう。