賢かった過去、賢くなりうる未来、の話ではない気がする

▼▼噂話を咀嚼して再検証する姿でも描写していたら思考記録になるのかな。なってたかなー? 以前の執筆時の癖は忘れてしまった。となぜか書いてみたくなっただけでまあ実際は嘘である。ぜんぜん忘れてない。むしろ言葉選び時の手触りは最近はずっと変わっていない。過渡期なのかもだ。行き詰まっているのかもである。煮詰まっているなら比較的喜ばしいと思うのだけど、まあ、うん、どうだろう。微妙な雰囲気だ。あと書き始めた直後から思っていたけど「以前の執筆時」っていつの話なのだよと頭ぐるぐるしてる。
▼▼以前のほうが優れていたのか、以後のほうが優れているのか、を、ふと考えて──不意に考えたくなって、だけど実際のところ、思った以上に検討がつかなかった。視線を向けさせる何かがあったのだろう。熟成と衰退で測り直したくなった。けど微妙だった。悔しく思えた。賢さ減の可能性があるだけで悔しいとは思える。以前のほうが賢かったなら嫌だなあとは心底思っているのだ。時間が経つことと賢くなることを等号で結びたいなんていう無謀を思っているのである。賢さは優しさと幸せに繋がると信じてる。
▼▼肝心なのは「今」なのであって、あくまで過去は過去、未来は未来であり、細かくてツマラナイこと気にしてんな!みたいな論旨じゃあ、比較的誤魔化されなくなった。まあ正確には「思考が止まらなくなった」かな……。別に誤魔化しの言葉じゃなくて、実際問題として現時点の自分じゃそういう答えを返したくなってしまうのだ……、的な意見ならば理解できる。納得できる。信奉する気分も活用できる状況も想像できるからだ。けどまあ、当然、ぜんぶがぜんぶじゃないのだよなー。無駄で無効な状況や場面も数多い。多いので、オペレーション「今だけ見る」やってりゃもう完璧オッケー何でも解決できるよー抜群オールオッケーだよーなんて誇張言われたら頬を張る。誇張返し的。