たいじんかんけいオンリー

▼▼傲慢や無礼という観念は人間相手にしか抱けない、ってことを、怖ろしく思ったり寂しく思ったり、嬉しく思ったりした。▼▼ぼくらは誰に何が思えるのか──問題、ぼくらは何になら何を思えるのか──問題、あたりで言語化できる、かなー。▼▼相手を人間と見なしている時にだけ駆動し始めてくれる機構があるとして──相手を「概念X」であると認識してしまっている時のみ頭と胸と心に湧き上がらせることの可能となるようなものがあるとするなら、なんていうか、ぼくらはいかに際どい橋を渡っているのだろう、とか考えてはしまうのだった。▼▼人間相手なら使ってもよい規則や規律や規定、なんてものがあるのである。眼前の状況を見てルールを切り替えながら行動している。
▼▼なんて領域まで理解して、次の問いに迷ってしまって、思索止まった。問題視してたのか敵視してたのか排除したがってたのか同盟案持ちかけたかったのか懐柔狙ってたのか整理したがってたのかも不明瞭になってしまった。▼▼瞬間瞬間「規則/規律/規定」を切り替えながら「判断してみせて」る。誰かに切り替えてる姿を見せちゃってる。なんていうか、巧くやれてるのかねえ、っていう疑問と怖気と異論と好奇の匂いがした。