違和がない世界だいすき

▼▼時間をかけて思考と言葉を寄り添わせ、調和させていって、真摯に丁寧に文章に変換してゆく、っていう行動が好きすぎる。楽しみだ楽しいなってずっと思ってる。▼▼短時間で文章を書くだけ書いてみる的な行動を取ると、微妙に不満が残ってしまう──あるいは、以前に書いた文章の違和を修正していく作業が異様に楽しめてしまう、ので、なんでかな……? って考えてて、結局は「時間をかけて手間を惜しまぬほうが結局は美しくて楽しいものになってくれるのだ」って経験則を積み過ぎたからだな、って結論した。
▼▼昨日思考した「錯誤混じりでも書くだけ書いてしまえばよかろう」と対敵しうる結論かなと思ったのだけど、むしろ当初無意識的に理解していた結論がこれであって、逆側には何があるのかなと考えたのが昨日の思考だった、と言える。▼▼ていうか、錯誤混じりでも書くだけ書いてしまえばよかろう的理論も、最終的には「違和のない世界」に行けるから──最低限行きやすくはなるから、っていう前提が根底にあったわけで、だからあれですな、違和がない世界が好きすぎる、って思った。言葉にしていくことで誕生させうるスッキリが幸せすぎる。見通し健やかな世界は気持ちよいよなーの話だった。