普通そうするよねって思えたら許しちゃう感じがある

▼▼普通そうする、って思えたら許せたりするのだ。許すって意外とそんなだ。普通側に寄せていくことを「許す」って行動の裏でしてたりするなあと思った。
▼▼普通とか標準とか自然とかに頼らず、異質は異質なまま受け入れようぜ、っていう論理は、最近ではあまり活用しなくなった。できなくなったのかな。難しすぎて、つまり効率がよくない、って認識し始めているようだ。普通幅を拡げよう、って観念のほうが強くなった、なんて言える。強いというか、まあ「癖付いてきている」ように思えるな。おそらく巧くいった例の記憶が数多いんだろう。
▼▼普通とか言っちゃうのは短絡だろ話、が頭に浮かぶので、普通そうするよな、っていう判断の背後の論理を潰してしまいたくなるところは、ある。のだけど、普通そうするよな、って確かに思ってしまう時のあの心境を──あの瞬間の心の動きが見せる、優しさとか強さと言えそうな要素を、巧く扱っても、まあよいのではないかなー、とか考えてる。