閃きっぽいものの技術化

▼▼過去の閃きを改めて調査して、閃くやりかたを技術化できないかなあ、ってよく考えてしまってる。継続的に考え続けているのは無理筋と思えてないからだろう。勘違いを理解したり不合理を判断したりして、諦めを混ぜる場面も増えてきているのだけど、まるで諦めようとしていないので、可能性がありそう、ってよりは、期待値下げたくないくらい好きなんだろうな、って思う。好きこそ才能、って観念をここに持ってきたいかな。