アンタまた綺麗事ばっかり言って

▼▼綺麗事がぜんぶ嘘に聞こえるってわけじゃないけど、道徳と典型に則った綺麗事的対話では、心を晒してるように見えず、心を許してるようにも見えない、っていうのは当然あって、綺麗事ばっかり言ってるような人を好みづらい、ってところはある。心の裡を見せてくれてないと駄目でアリマス、っていう信念というか観念というか思想的前提があるのだった。なんなんそれ、って思うけど、勘違いであろうとなかろうと心理を理解できてない相手を信頼するっていうのもそれはそれで意味がわからないしなー、とも考える。まあ無邪気な信頼が「よい」かどうかもすでに微妙だ。けど、想像を駆使して無邪気な信頼がよい場面を「描き出せる」なら、惰性で文句言ってる場合ではないかー。長所は伸ばしてナンボ、って思えるようになったのは経験重ねてよくなったところだとしておく。