極端な比喩を嫌がって、でも誰も信じないよそんなの

▼▼無茶振りっぽくても、極端な断言が見せうる「決意」や「意欲」の強さ、みたいなものってわりとあって、類例を挙げるなら、問題や対象がコレコレじゃなかったら死んじゃうー、あたりがそうかなあ。死ねばいいのにーとかもまあ同類で。けどまあ苦手だ。まあ苦手っていうか、思いつくけど、公言できない心境になる。恥ずかしいよう、なんて判断している、のだろう。いや、誤解を怖れすぎってことなのかなあ。ほんとうにそう信じていると思われてしまうのが怖くって嫌だー、なんて風に思っている節はある。▼▼極端な断言が持つ美点も利点も、まあ不誠実さも、見えることがあるので、いやあ難しいなあと思うのだった。▼▼言葉が弱々しく見えるから何なの、っていうのは好きな気がする。