違和感が消えるまで

▼▼数年空いて突然更新された日記を読んで、歓喜を交えつつびっくりすることがたまにあるけれど、期間を空けてしまったことに日記内でまったく触れられていないと、ほほうなるほどねえ、なんて思って、さらに嬉しくなったりもする。強いて言うなら嬉しくなるほうかなって思う。期間や時間が空いたことなんて別に特別なことじゃないよー、という言外が聞こえてくる気がするからだ。まだ全然終わりじゃないよ、ここはわたしにとっていまだに日常の範疇だよ、なんて言われたつもりになれる、のだ。
▼▼数年も空けたわけではないけれど、期間をおいて更新していることに触れるかどうかは迷って、結局、思い出のような思考を書いてみた。数年来の日記更新ってほんとうに時折見かけることがあって、わー、嬉しいなー、って見かけるたびに思っている。でも、最終的にはそれが最後の文章、みたいなこともあり、無論そうじゃないこともあって──。
▼▼違和感消えたぜー、と突然認識できた。ので思考を切った。記述を続けることで、冒頭あたりで実は憶えていた違和感が、明確に減じてきている、のだった。ひさしぶりな執筆活動のせいか違和感が正直結構あったのだ。言葉や文章が違うなー、減退したよー、以前はこんなじゃなかったぞー、とかいうよりは、あれ? 以前って思考や感性がもっとがしがし動いてなかったっけ? というような違和感だった。稚拙さというよりは鈍重さの話だろう。違うような気もする。まあでもわかる。現状は集中してる。冒頭あたりより間違いなく深く潜ってるし遠くを見てる。回り始めてるし巡り始めてる。嬉しい。こういう雰囲気でまだ書けるんだなー嬉しいなーと思った。ほんとうに強く思っている。
▼▼言葉の配置は楽しいなあ。無論、文章を書くのも楽しいぞっと。うん、まあ、やはり好きだ。ほぼ怠けていただけではあるけど、時間を経てみたことで、改めて言えるようになった、というのはあるので、期間空けすぎも、まあ肯定しておいてもいいかなー、とか言える。というか書ける。言えるのと書けるのはすこし違うからね……、なんて思考を跳ばしてみたけど、跳ばしすぎなので黙らせておこう。
▼▼言葉と文章こんな楽しいのにブログってすこし衰退気味なの……? みたいなことをなんか突然心配し始めたので、再度思考を一旦切っておこう。結構な時間をかけて試行錯誤しながら記述行為しておいてよく言うよ……。いや確かに時間かかりすぎだよなー。比較的手軽な言葉の場に流れるのはまあ妥当なんだろう。ツイッターなりなんなり。
▼▼ツイッターは好きだ。結局慣れて好きになった。以前より間違いなく好きになってるな……。更新怠けてた約一年の間に、好き嫌いも、まあ、いくらかは変わったんじゃないかと思う。ウェブサービスで、タンブラーもザ・インタビューズもエバーノートもグーグルリーダーも読書メーターも、活用し始めて、結局まあ「好き」が増えただけです、なんて言えると嬉しいのだけど、どうだろう。意外と巧いこと「好き」だけ増やしたようにも思えるのだけど、断言しちゃってよいのかな……。まあよしとしてしまおう。