量から質へっていうか、量だけが結晶させうる理を手に入れてから、次

▼▼試行錯誤して足掻くことが重要なのだろう、という認識はかなりある。いわゆる「量から質へ」と言われる認識に近い。同じものかもだ。数を重ねることで脳に見せて躰を通して──という経験だけが結晶させうる「理」があって、学習の真価としては非常に重要なものだと言っていいんじゃないかな、なんて思っている。のだ。