幸せの基礎には満足感が、満足感の基礎には達成感が、達成感の基礎には?

▼▼満足感が「幸せ」の源泉なのでは、って仮説には納得が湧いてしまう。発生してしまうところがある。のだけど、達成感が満足感の基礎なのでは? って仮説は、納得できそうで、けど、好きじゃないなあ、って思える。思えてしまう。達成感無しの満足感って不可能?→不可能なんじゃないかな、とかぼんやり思ってしまっていて、けれど、厭だな何か、って強く思っているのだった。おそらく、達成感は人を選ぶものである、とか思ってしまっているせいだろう。幸せは人を選ぶ、って思いたくないのだと思う。
▼▼と、考えて、反省した。軽視しすぎだと思って反省してみた。
▼▼些細でささやかな小さな達成感ってものを軽視しすぎているのだなー、なんて思ったのだった。幸せに連なるものとして、軽視してしまっている。駄目駄目だなあ。見くびり過ぎだろう。潤沢な素材からしか幸せを創造できないような人ばっかりじゃなくて、些細でささやかなところから、巧く華麗に幸せを創っている人達だっているんだぜ、という頑張りを舐めちゃ駄目だよなー、って思った。目指すところでしょう? とも考える。