称賛Aの裏にアンチAがないような構造で褒め称えたい

▼▼素敵な世界観を持つ人を、素直に称えることはしたいけど、誰かを称えられることを理由に、誰かを貶めることはしたくない、ってよく思う。世界観に「死」や「終わり」が組み込まれていることを素敵だとは思えるけれど、だからって、だから正しいとか正しくないとかは、可能な限り言いたくない。でも、言ってしまっていることはある。▼▼対義語みたいな関係をいかにぶっ壊すか、みたいなことを最近少し考えてしまう、のは、だからかなー、って思った。判定Aの裏に判定Bがないような精神は成しえない?