苦手苦手。でも補強できそうなんだけど面倒なので放置?

▼▼技術を理解して──実際の行動時に発動させるべき脳裡の形状を知識化して、あとは地道な訓練を繰り返せば、克服か、せめて補強程度は可能だろう、なんて判断できている範囲の苦手さえ放置しているところがあるなー、と改めて認識した。認識させられた。要は単に面倒臭がっているせいだなー、って思った。面倒臭がっているせい、っていうよりは、面倒臭がっているだけ、だろう? って思って、反省した。▼▼具体的に言うと「報告」とか「発表」とかを苦手としているな、と、現時点では考えているのだった。実際問題、非常におんぼろな説明をしてきた、って言える。言えてしまう。指針が不足していたせいだ、って言うのは簡単なんだけどなー。経験不足だよなーってやはり思う。で、経験の問題であって訓練で克服可能、とか判断できてるのになんでやってないの? って、改めて考えてみたのであった。訓練の核心や要点はやはり「会話や発声の練習」とかになるのかなー。▼▼訓練内容が何であるにせよ、面倒臭がった結果の訓練不足なのはおそらく間違いないので、面倒臭がっている、という心理はつまり、実際は何をしているってことなのか、って検証し直して、改善してみよう、なんて狙ってみた、わけだ。と言える。