薦める時は素敵なところを一つだけ

▼▼単純一途な好きの強さって言うかなー。選択と集中とかのほうが妥当かな。なんていうか、論点や論旨を絞ることによるわかりやすさの重要性のことを考えていて、でもって同時に、誰かに推薦するのでも同じなのでは、って考えていたのだった。
▼▼推薦文を書く時――感想文を書く時、沢山ある好きなところをすべて言おうとするのではなく、素敵なところを一つかせめて二つ採り上げて、あえて、絞り込んで強調して素敵を描写してみせる、っていうところだろう。普通で基本な技術なのかもだけど、あまり意識したことがなかったので、検証してみようかな、って考えていた。