嫌いな理由を説明してくれると「嫌い」を受け入れやすくなるのは何故?

▼▼好きなものを軽くでも否定されるのは相変わらずやっぱりあんまり嬉しくないなって思う。なぜかなー、と思索した回数は多い。多いのは、誰かの否定によって好きな対象や好きな感情を殺したり汚したりしまうことがあったからで――不安になってしまうことがあったからで、つまり「純粋で朴訥なまま好きだと思っていたいよ」と思っているってことなんだろう。逆転させるなら、誰かの文句や「好きじゃないなー」で揺れたり緩んだりしてしまう証、ってことも言えて、なので、考えて解消してみせたいとか思っているのだと思う。▼▼説明があると緩和されるので納得が鍵かなって思うところはあるけど、納得なく解消できる道とかも探してしまうのは、超然や孤高を好んでいるところの名残かな。