絶望という背景、絶望しかないところ、絶望以外もありえてしまうこと

▼▼絶望は意外と好きだ。好きなほうだろう。転覆しようという企てに浪漫と妙味があるところも――つまり「だからこそ光がより輝いて見える」的なことが言えるところも、と同時に、言いうる人間の姑息な精神構造さえ、あるいは、硬質で辛辣で「ただそれがすべて」と言えてしまうような現実の「現実的な」穿ちがたさだって、好きだ。だいぶ好きだと思う。けどまあ背景にある時だけかなー、とも考えてみた。前面に出てくるとあんまり好きじゃない、ってわけじゃなくて、前景的な――絶望単体で語られてしまうような絶望は好きとかを向けられる対象ではないかなって思う。想いなど届かぬ虚ろ。とか。