苦情

▼▼苦情。若干滅入ったと思う。悪意の匂いがしたせいかな。けど、可能性と主観の問題なので検討だけしておくのが妥当だろう。検討程度が関の山だろう、とも思う。▼▼悪意じみたものを向けられても平然と飄々と涼しく受け流せるような姿を「理想」としているところは、間違いなくあるのだけれど、安易で安直な判断と目線で目指してしまうと、浅はかすぎて、好きじゃないものばっかり寄ってくる。寄ってくるみたいだ、と思った。軽視したり蔑視したり勝手に線引きして切り離したり……。安全圏まで逃避して巧妙に嘲笑うような平然と飄々はあんまり好きじゃないのだ。▼▼慈愛とかは、現段階だと、修練の果てにしか見えない。気軽で手軽な慈愛とか見当たらない。あるとよいのにな。