普通で当然で些細なことをあえて説明できる経験則と世界観

▼▼普通で当然で些細なこと、だよなー、とか判断していることは沢山あると思う。だから改めて説明してみせても特別な価値などない、とか判断してしまっている情報が数限りなくあって、けど、実際は意外と知られておらず、つまり、改めて説明してみせると意外と歓ばれたりするよ、という思考型が、弱点であるようだ。明確に弱点だよなー、って少し考えていた。微塵も思考の下地にできていないみたいである。まあ経験の少なさによるものだろう。普遍的かと思いきや改めて説明してみせると意外と歓ばれるものだな、とか驚いたことあまりない、のであった。試験してみるとよいのかなー。恥を怖れているだけならなおさらだろう。▼▼恥を克服しようと戦う、のと、真理に漸近しようと進む、のは違うから、混同しないようにせねば、っていうのは留意しておこうとも思った。