ひさしぶり的なお手伝いさん

▼意外と満足できたほうだと思う。納得いくまで存分に格好付けたぜー、なんてちょっと言えるかな。言うのは微妙、とも思うけど、ま、誤りではないので、素直に記録しておこう。確認してみたら異様に忙しそうだったので現状を適当に返上して手伝ってみた、のであった。まあ若干の補助はできたんじゃないか、って思う。思えている。嬉しい。独りで勝手に嬉しがってしまっているみたいだ。純朴でわかりやすく誰かの役に立ってみせることで、己の意味を、あるいは、己の価値を、迷うことなく信じたりできてしまう、という瞬間は、確かにある。意外と多々あるよなー、って思える。道徳律や美意識をちゃんと大切にして、誠実に対応してみせることで、己を信じてもよいよー、とかいう許可が可能になったりする――するようだ、ってことは、普段から意識している。選択や行為を微塵も疑いなく「正当なものだと思えるかどうか」が、満足や充実を呼び寄せる鍵なんじゃないかなー、って話である。というのが、形骸化し腐敗してゆくと、欺瞞あたりにも繋がってゆくわけで、慎重と注意も忘れずにな!ではあるんだろう、とも注意しながらだ。