記録はしないで記憶が頑張る方式

▼現段階の見解だと、特に記録とかしないぜ――記録しないと忘れてしまうようなことはどうせ些末なことなんだから、捨てちゃえ、みたいな対応があんまり好きじゃない。時折聞く判断なのだけど比較的微妙だよなーって感じてしまうことが多い。精神とか記憶とかは完璧な適合を目指して神に創られたものってわけじゃないんだから勝手に都合のよい機能があると決め付けちゃ駄目じゃないかなー、なんて思ってしまうせいだ。滅茶苦茶重要なことはちゃんと覚えていられますよねー? なんていう、脳機能に対する押し付けが微妙、なんて言ってもよいかなー。▼尊敬中の人物が言っているのを知ってはいて、憶えておかないと!という判断の精神に対する負担が、むしろ逆効果だから、最終的な素敵を謳歌するためにあえて捨ててるんだよー、という判断もありうるだろう、とも思えているので、誤解を混じえた改善案とかは可能な限り向けたくないのだけど、ま、現段階では、可能な限り、精神的負担に繋がらない記録はいかに可能か、ってことを、考えたがっているのだと思う。軽々しく排除してよいほど記録は無駄じゃないんじゃないかなー、と思いたがっている、なんて言えるかな。駄目なところがあるからってだけであっさり捨ててしまうようなことはやめて素敵なところを活かしうる新型を模索してみたいぜ、とか。