職場最寄りの書店

難解な本を読む技術 (光文社新書)

難解な本を読む技術 (光文社新書)

▼著者の既刊が非常に好きなのだ、って言えるかと思う。挙げておくと『世界をよくする現代思想入門』と『「私」のための現代思想』を対象としている。現代思想を頻繁に解説している。理解が深いぜ、って印象が強い。解説がうまいのだ。つまり、概念の整理が異様に綺麗なのである。逐一「なるほど!」とか思わされてしまう。のが楽しすぎる。尊敬している。思想系読書に対する技術を説明しているようだ。聞きたい!って思った。

多読術 (ちくまプリマー新書)

多読術 (ちくまプリマー新書)

▼微妙に忌避していたんじゃないか、って思えた。反省しておこう。まるで駄目だったからだ。判断に誤りがあった、って言えるだろう。順当に「好きなもの」を避けていた、だけであった。なんて思える機会が最近あって、新刊が刊行中で、素敵な推薦を読んだりもしたので、買ってみた。読書は好きだ。読書語りだって楽しめる。精読も粗読も――多読も少読も、駆使しまくって楽しんじゃえ的な空気があった。好きだな、って思った。