信頼じゃなさそうなものが信頼だった、とかの経験が可能性を拓きうる?

▼問題分析的な言葉を先んじさせておきながら、なお、慈愛や慰撫とかいう意味に帰結させるには、余程の信頼が要るのだろうな、ってのも考える。信頼ってそういうものだ、とか言っていいのかな。いずれにせよ、可能性を拓くだけの文脈が必要なんだと思う。信頼を支えうるだけの、記憶が、過去が、必要で、意外と慈愛?――わりと慰撫なのかも、とか、かすかにでも思わせるような、可能性の地平を拓きえないと駄目なんだろう。