悪意じゃないことのコンテクストによる証明(味わい変化)

▼悪意に見えてしまったものの悪意のなさを証明するのは難しい。悪魔の証明の同類だろう、って思う。が、絶対無理ってわけじゃないのかな、って思っていたりもする。難しいが不可能ではないんじゃないかなー、って思えたのだった。悪意って概念はコンテクスト解釈によって「悪意に見えてしまう」ことが多いだけだったりするから、強烈な違和感や異物感を持つコンテクストをあえて持ち込んでみせることによって――あるいは時に捏造してみせることによって、遡及的な解釈として、悪意なんかじゃなかった、と判断させることは可能だろう、なんて思えたりもしたからだ。普段は冷たくて厳しいけど実はいつも背後を守ってくれてるあの人だから実は厳しさも優しさなんだろう理論である。でも、間違いなく時間はかかってしまう策だと思う。し、調整も難しいだろう。あと、実は証明ではない。証明が不要になる、か、証明したことになってしまう、ような悪知恵だろう。