素敵な贅沢と駄目な贅沢と(線引きなんてあるのかなー)

▼贅沢がいつだって敵ってわけじゃあなくて、素敵なものはわりと高価で、高価なものはわりと素敵だ――なんて判断が可能な状況は比較的多く存在しているようである、という観念は、地道ながら次第に強まり続けているかなー。試行錯誤できる機会が増えつつあるせいだろう。実地に出て試してみたら意外に納得できた、って印象はある。嬉しいこととは言える。嬉しく思えている。縁遠い可能性があるにせよ、素敵なものが転がっているのを知ることは、嬉しいことだと言えるからだ。なんて納得しちゃうのは駄目かなー。まあ取扱いは慎重にしておこう、と自戒してみた。贅沢を下手に肯定してしまうと無駄で愚鈍な贅沢まで呼び寄せてしまうだろう。というのはわりと想像できたりする。陳腐な満足に浸って捏造や欺瞞に走ってしまっている場合ではないのだ。と熟慮して、慎重と注意に従いながら贅沢を称賛しておけば、維持は可能かな、って楽観もあったりするのだった。