以前の日記はおもしろかった(今が駄目とかじゃなくて)

▼活動や日常を抽象化して描いていても問題なく楽しい。楽しめるものなんだなー、って思った。以前の自分の日記を読み返したら、どうなの、って思ってしまうほど楽しいと感じられてしまったので、真似をしようかなというか、取り戻せないものか、なんて、少し考えていたのだった。現時点と比較してしまって、最近あんまり顕現させられていない味わいだよなー、なんて感じてしまった、のだった。▼文章は似ていたし、構造も似ていたし、趣味嗜好も似ていたのだけど、おそらく、距離感が違っていた、んじゃないかなって思えている。最近はたぶん俯瞰しようとしすぎていたんだろう、って判断が可能かな。躊躇や屈託がなくて、抽象化も素敵な感じで、世界に接することが楽しそうだった。文句や批難を呟いている場面ですら、問題を俯瞰しすぎることなく、遠慮もなく、純朴に、駄目駄目だよねー、と言えていた。というのが最近はないかもな、って思ったのだった。だから、可能なら再現しよう、と思ったのだった。最近は饒舌が過ぎるのかな? ▼以上の話題は特に「過去に戻りたいよう」という話ではない。つもりだ。悲歎や後悔はない。楽しかった領域を再発見しただけだ。過去の性能に関しては、以前所有していたということに対する保護者面および支配者面が邪魔して、現状の価値を貶めることによって崇めてしまうような心持ちを製造してしまうことが、ままありえるからな……。注意しておこう。