世界と人生は絶妙なバランスで

▼絶妙なバランスを保持せねば駄目だなー、という理想論で目標を語ってしまっているものに関して、現段階の状況を改めて顧みてみると、ほとんど「絶妙の均衡」を成しえてはいないよなー、と思えることは多くて、でも、状況が崩壊しているわけでは全然なく、問題がある、なんて言える程度で結局は収まってしまっていたりする。だからつまり、絶妙な均衡なんて結局いらないんじゃないかなー、ってことを、最近は少し考えている。というか、絶妙な均衡という理想があるにせよないにせよ、問題はそこじゃないぜ、っていうかな……。目指すところは違うところ、っていうか。理想的ではないにせよ、絶望的じゃない程度には現段階でうまくいっていることに対して、改めて無理難題的な理想を押し付けて、過剰な「極上」を目指してしまう、という問題提起の形式に、根本的で勘違い的な問題があるんじゃないかな、という疑問を検討している、のだった。という再検討は、過剰な理想を諫めるもののつもり、なのだけど、欺瞞的正当化の根拠にもなりそうだ。ということは死ぬほど意識を向けておこう。欺瞞の気配がしたらすぐ潰そう。